防犯

防犯

自分の身体・財産は、自分で守りましょう。

検索通販 > 防犯

防犯カメラ

そもそも防犯カメラの役割とは、犯人を捕まえられるように犯行を記録することにありました。
犯行の後で防犯カメラの映像を解析して、犯人逮捕につながったニュースはよく耳にします。

しかし、犯行が行われる前に未然に防げるのなら、それに越したことはありません。
この点、大事なのはカメラがあることを外部に伝えることです。そうすれば、それが抑止力となり、泥棒が避ける確率は高くなります。

だとすれば、泥棒を近づけないようにするためという観点から、カメラを選ばなければいけません。

見つかりにくいカメラよりも、いかにも見張ってますという感じのカメラ。
高機能なものは不要。
本物のカメラじゃなくても、見た目が本物っぽければそれで充分なんです。


本物のカメラだと少なくても3万円以上するものが望ましいのですが、
ダミーのカメラならば、5千円くらいのもので充分です。
ただし安っぽいものはダメですよ。
泥棒に見抜かれてしまいます。

防犯ブザー

子供を犯罪から守る道具として、防犯ブザーは今や必須のアイテムです。
子供に「危ないときは大声で叫びなさい!」と日頃教えていても、いざとなったら大人でもそれは難しいですからね。

小学生のお子さんなら、ランドセルに取り付けるものが一番。肩ベルトの胸に近いところに取り付けられるものが良いです。側面につけると手が届かないので、やめてください。

【メール便発送で送料無料】ランドセル 型 防犯ベル ≪ 黒 (ブラック) ≫LEDライト付き おたすけポケット
【メール便発送で送料無料】ランドセル 型 防犯ベル ≪ 黒 (ブラック) ≫LEDライト付き おたすけポケット

また引ったくり対策としても有効です。
女性の背後から近づいて、バッグをひったくる事件がよくあります。そこでひもを引くと鳴るタイプのものをバッグに付け、バッグが離れるとひもが引かれるようにしておきます。
バッグを奪われるとすぐにブザーが鳴るので、犯人も驚いて逃げていきます。

防犯灯

自宅の周りで人目につきにくい場所や、夜になると明かりが届きにくい場所には何らかの対策が必要です。

泥棒の侵入経路を絶っておくことが重要。
それには、人の体温を感知して点灯するライトが効果的です。

屋内用・屋外用、リモコン付きのもの、音が出るもの、電池式などいろいろなタイプのものが出ているので、目的に合ったものを選んでいください。

 

防犯 トップへ戻る

Copyright 2016 © 検索通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ